田舎暮らし50代女の中二病闘病記

50代にして中二病を発症した女の日常( ノД`)

更年期障害・更年期うつに悩む全ての人へ その3

いろんなパターンがある 4人の女性を紹介

3 Bさんの場合

 

Bさんは途中でパートで就職された方です。

履歴書を見る権限があったので見させてもらうと、

私と出身校、出身学科が同じで年齢も3歳下ということで親近感を覚えました。

職歴は長くて3年、しかも様々な職業に就いていて、中では同じところにもう一度

就職しています。

臨機応変スキルと多様性を感じます。

そして何よりもものすごく綺麗な字。書道師範の免許を持たれています。

丁寧な仕事ができる人だと感じました。

そんな彼女ですが、他部門のヘルプに入っていた私が指導することになりました。

 

初日から一生懸命にメモを取り、わからないことに関して質問をぶつけてくる彼女に仕事への真摯さを感じました。

そして5日も経つと、ひとつの仕事を任せられる位に成長してくれました。

「Bさんすごいね!覚えは早いし丁寧だし。」

私の褒めて伸ばす作戦を発動させます。

しかし彼女はいつも謙遜します。

そこがまた人格の良さを感じます。

そして一通りレクチャーし、独り立ちできるようになるまで一か月。

ものすごく速い仕上がりに、もうじきヘルプから離れる私は大満足し、

彼女に少しプレッシャーじみたような言葉を投げてしまいました。

「Bさん、パートさんたちの中で一番成長速いから、これからも頑張ってね。」

頑張っている人に頑張ってと言ってしまう浅はかな私がいました。

 

それからの彼女は外側から見ても本当に頑張っていました。

汚い仕事をする人間が多い部署でしたが、

彼女が出勤してくれているせいでいつも清潔に保たれていました。

そうしてある事件がおこった翌月、彼女のシフトは休みだけになり、

一週間後、退職していきました。

理由は腱鞘炎でした。

最期に診断書を提出するのと制服を返却しに来た彼女と話をしました。

もう2~3か月位前から重いものを持つと激痛が走り、

業務に絶対必要な器具も落としてしまうほどだったとか。

医者からは手を使うなと言われてしまったが、

今後どうしていけばいいのか、とか。

 

きっと彼女は頑張りすぎてしまったんだと思います。

その時私は彼女に無責任な言葉を投げかけたことに猛烈に反省していました。

「ごめんね、頑張れとか言って・・・。」

「いやいや、ふくふくさんのせいじゃないですよー。

あの状況だと私が頑張らなきゃって思っちゃったので・・・。」

彼女もまた頑張りすぎてしまう人でした。

 

同じ病気を患っている私の事を話し、注射や手術を勧めました。

彼女は旦那様も大きい子供さんもいたので、

家事などは極力協力してもらうこと、一人で背負わない事、

などをアドバイスしました。

旦那さんの理解がなければ、

(例えば夕食は必ず手作りでなければいけないとか、シャツは必ずアイロンがかかっていないといけないとか、朝出勤する前には掃除が終わっていないといけないとか、

自分がやるわけではないのに他人に対する要求が多いとか)

絶対に自分がダメになっていくよ、的な話もしました。

 

その後、彼女がどうなったのかはわかりません。

 

更年期、特に私たちの年代は、両親から受け継いだ呪縛のようなものがあります。

私がそうでしたが、母はものすごく倹約家で、食事はなるべく手造り。

そして物を捨てるのはもったいない、という信念があり、雑巾ひとつにとっても本当にボロボロになるまで使うような人でした。

父は、旬のものを食べるのが好きな人で、母が仕事で疲れ切って帰っても、旬の食材があると手料理を迫るような人でした。

彼女のご家庭がそうだったのかはわかりませんが、

躾というのは時に素晴らしく、時に残酷なものだと思います。

 

特に私たちの母親の世代は戦後初めて女性が社会に進出しだした最初の頃で、

嫁いだ先には昔ながらに女は家事をしっかりやるもの、という姑の存在がありました。

仕事に子育てに家事に本当に懸命に取り組んだ母親世代を私たちは見てきました。

それゆえに、

「お母さんができて私ができないはずは無い」

という気持ちも大きくなると思います。

 

私や彼女の出来事を通して、

親からの呪縛から脱却する大事さ

を感じました。

旬のものは食べなくても死なないし、雑巾はボロボロになったら捨ててもいい。

だって、頑張ってるのに辛いんだから、私だって休んでもいい。

お母さんと比べなくてもいい。私は私なりの人生を送りたい。

 

Cさんの場合 へつづく

 

 

 

更年期障害・更年期うつに悩む全ての人へ その2

いろんなパターンがある 4人の女性を紹介

 

2 Aさんの場合

Aさんは上海出身です。

性格は、勝気さと繊細さがミックスされた、私は好きなタイプの女性です。

職場では日本語が完ぺきではないという点から、

「仕事はできるのにちょっとズレがち」という場面が多く、

持ち前の勝気さから、自分の非を認めない部分もあり、

周りのみんなからは少し敬遠されている状態でした。

しかし、プロ意識はとても高く、仕事に向かう姿勢は誰よりも真摯でした。

 

そんな彼女に異変が見られだしたのは人事異動で上司が異動、

彼女がサブリーダーになった頃からでした。

同僚でしたが常に同じ職場ではなかったので、

言葉を交わすのも一日に数分、全く合わない日もありましたが、

会えば彼女の口をついて出てくるのは職場の愚痴ばかり。

私は分かる気がしました。

以前にも書きましたが会社はものすごい底辺ブラック。

そもそも彼女がなるまで女性の中間管理職なんていません。

会社の

「昇進させてやったんだから今まで噛みついてきた分自分が働かなきゃ~

(ニヤニヤ)」

的な面倒くさいこと丸投げ状態。

日に日に彼女が病んでいるのが目に見えてわかる日が続きました。

 

「もう体調悪くて・・・」

顔を合わせればそんな言葉が毎回出る彼女ですが、

決して休もうとはしません。

そしてある日、突然サブリーダーを降ります。

私は理由は聞きませんでしたが、答えはわかっていました。

それまで上司の隙をついて指摘したり、

自分のほうができる的な行動をとっていた自分が、

今度は

「できて当たり前でしょ?サブリーダーなんだから」

という立場に耐え切れなかったんでと思います。

 

その後彼女は一週間の有休を取り、

退職願いを出しました。

 

彼女の体調がどのくらい悪かったのか、

個人的にやり取りしていたわけではないのでわかりませんが、

笑顔が消えてしまっていたのは分かりました。

 

退職後、風のうわさで再就職したことを聞きました。

そんなある日、近所のスーパーでばったり彼女に出会いました。

「元気?」

「元気元気~!もうストレス全くなくて絶好調!」

彼女は満面の笑みで答えてくれました。

体調もすこぶる良いようで、

連休が取れたら九州にいる息子さんのところへ会いに行くのだと楽しそうに語ってくれました。

「やっぱり辞めて正解よ。

ふくふくさんも頑張りすぎだから気を付けて。」

という言葉をかけてくれました。

 

更年期にものすごいストレスを感じてそのストレスと戦っている方は多いと思います。

確かに何かを放り出して逃げてしまうのはよくない事です。

でも自分を救ってあげる為に逃げるのであれば、

私はそれは逃げではないと思っています。

それは「救済」だと。

 

3 Bさんの場合 へつづく

 

更年期障害・更年期うつに悩む全ての人へ

いろんなパターンがある 4人の女性を紹介

 

今回、このタイトルで書き、一番伝えたかったことをまとめたいと思います。

 

目次

1 私の場合

2 Aさんの場合

3 Bさんの場合

4 Cさんの場合

5 今悩んでるひとへ

6 まとめ

 

それぞれ前の職場の同僚たちでした。

そして今では皆会社にはいません。

4人には4人なりの事情・環境・人生があります。

更年期障害や更年期うつなどで悩んでいる人たちに少しでも響くような形になればいいと思います。

1 私の場合

私が

「あれ?更年期?」

と思い始めたのは整理が止まり、少し経ってからでした。

主な症状としては

・午後からのとんでもない疲労

・顔のほてりと発汗

・人付き合いの煩わしさと鬱屈感・気分の落ち込み

でした。

それと更年期症状にはあまり含まれないんですが、

更年期の女性がよくかかる腱鞘炎も経験しました。

中でも一番ひどかったのが

・人付き合いの煩わしさと鬱屈感・気分の落ち込み

でした。

性格上、誰にでも合わせられ話を聞くのが得意だったんですが、

それが日に日に億劫になり、そして立場上それに答えてあげなくてはという気持ちと

それができない自分をどんどん追い込んでいきました。

そしてある事件をきっかけに人に囲まれて生きていく人生が猛烈に嫌になり、

憂鬱な気持ちで毎日を過ごしていました。

「このままでは何も変わらない」

ひとまず会社を辞めてゆっくり休む決断をしたのでした。

それからの日々というのは、もう毎日が楽しくて楽しくて更年期なんてどこかへすっ飛んで行ってしまったような気分が続いています。

やっぱり私にとっての一番のストレスは人間関係だったんだなってつくづく思います。

そして、自分軸で生活が送れていなかった事も。

会社員である安定よりも、休息を選択した自分に今は感謝しています。

 

Aさんの場合 へつづく

 

真っ黒けのけ

体験から考える日本の男女賃金差

 

意味の分からないタイトルといつになく真面目な大見出し。

何を書きたいかというと、私が体験した男女賃金差に関してなんです。

 

前職では公共交通機関の複合商業施設の事務責任者をしていました。

「彼」は3年後に入社。

30代前半で妻子持ち、同業種の経験ありというスペック。

続きを読む

年をとるということ⑤ 生きてるだけで疲れるんです

20代と一緒に働く

 

現在無職ですが、生活の足しにコンビニでバイトしてます。

(ほんとはきちんと就職しないといけないんですけどね・・・)

nogamiena.hatenablog.com

 

私がバイトしているコンビニの店員の年齢層は

20代7割50代~3割

なんです。

シフトで各時間帯3人体制で回すようになってるんですが、

夕方から働いてる私の時間帯には当然20代が入っている訳です。

最初のうちは

「ちょっと接客経験値高めの私」

アピールをしてたんですが、

最近は彼女らの接客態度・身のこなしの速さ

に圧倒されています。

前職で接客のヘルプに入っていた店舗は、

お客様には丁寧に、そして満足していただけるような旅を・・・ゆったりゆったり

みたいなのがモットーにあったのですが、

コンビニってとりあえずスピード重視

みたいなところがあって・・・

肉まんあんまんひとつをウォーマーから出す所作の速さと言ったらもう・・・

 

 

ここ3~4年は体が言う事をきかない、というか、

前と比べて考えてから行動に移すスピードの衰えをひしひしと感じていて、

同時にすぐ疲れてしまうことも感じていて・・・

これが更年期の現実。

生きてるだけで疲れてしまう。

 

っていう言葉がぴったりだな、とひとり帰りの車内で痛感したのでした。

 

 

 

高校生に戻ったら・・・

お題「高校生に戻ったらしたいこと」

 

重要なのは、

どの状態で戻るか?

なんですよね~。

高校時代のおバカな私の頭で戻っても、何も変わらないし、

今の私の頭で戻ったらしたいことがあります。

それは・・・

「勉強・受験・大学進学」

ですね。

 

当時の私は中学の時から、

「宝島」

「Olive」

「少年ジャンプ」

を愛読していたせいでかなり

とがった思考の持ち主でした。

そして、世の中を席巻した

「ぬーすんだバイクではーしりだしー」

のど真ん中が中3だったので、

高校進学もしないつもりでしたが親に

「頼むから高校だけは卒業して」

と懇願され、しぶしぶ高校受験をしたのでした。

そんな感じで高校進学したものですから、

成績もどんどん下がっていき、

かろうじて商業科だったのでなんとか専門学校へ進み、

その職業に就いたのでした。

しかし、その職業での大成を断念。

人生の方向転換を迫られたとき、

大学卒業でなければ就けない職業があることを知ります。

そして、今では無くなりましたが大学卒業でなければ取れない資格があることも。

 

今になったからこそ思います。

一時期は「大卒なんて関係ない」

みたいな風潮も強い時期はありましたけど、

ビジネスの世界では大卒であることが当たり前となっていて、

私みたいな田舎の人間でさえ

「大卒じゃないから・高卒(専門卒ですが)の女だから」

という理由で基本給に差を付けられたりします。

「女だから」

という理由で基本給に差を付けるのは悪しき日本の伝統なので、

ギリギリ許せる(ほんとは許せません)し、

自分ではどうにもならないことなので飲み込みますが、

「大卒」

というくくりで基本給に差を付けられるのは、

人生の敗北感を味わうほかに何があるのかわかりません。

あの時、あの瞬間、勉強をしないルートを選んだ勇者の敗北です。

 

人生というロールプレイングの中の二択に早々と敗北してしまったのを踏まえて、

今の頭で高校時代に戻れるなら、

今を変えるために勉強したいですね。

 

そのときは挫折しないことを祈るよ、頼むよ私。

 

年をとるということ④ パッカーンなあそこを見せられ

腱鞘炎手術への道③(完結)

前回 ↓

nogamiena.hatenablog.com

 

手術は13時からでした。

病院の昼休み時間に行うとのこと。

(休み時間内に終わるのってある意味すごい)

 

ベッドに寝かされ、ヨードやら麻酔薬やらをべたべたと左腕に塗られます。

そして腕の付け根を何という器具かわからない何かで

ぎゅうううううううううううう

と締め付けられます。

(この時点で手の感覚があまり無い)

次は麻酔の注射です。

1本目

「これ感覚あるかな?」

何かで何かされている感覚があります。

(この状態でメス入れられたらやばいぞ)

「感覚あります・・・」

「じゃ追加でもう一本いくね」

2本目

「これはどうかな?」

お、

今度は何も感じない!

「感じません」

「じゃあはじめます」

 

ちょっとの間があって、

「ちょっと指動かせるかな?」

「あ、はい」

「ていうかもう切ってるんだけどね」

 

なんですと?

まあさっき始めるって言ったし、そりゃそうだ。

ていうか、切られてる感覚皆無

(当たり前です)

 

そして先生は少し苦労しだします。

看護師さんたちを呼んで、

「わーこれ見てみなさい、結構悪くなっちゃってるから、

腱鞘がこんなに太くなっちゃってるよ、こりゃひどい」

「わーほんとですねー」

 

部分麻酔の手術の醍醐味が味わえてます。

そして、

「ちょっとこっち見れるかな、手のところ」

は?この私に見ろと?

見ろと言われれば見るけどさ、

と心の準備もおぼつかないまま・・・

パッカーン

と開かれた術中の傷口を見せらるのです。

 

骨やら皮やら筋やらが一気に眼中へ。

「ここね、ちょっと握ったりして」

腱を指しながら先生は言います。

「大分切開したから楽になるはずだけど」

本当だ。

握ったり開いたりできるし痛くない。

「痛くないです」

「よし、じゃあ縫ってくからあともうちょっとね」

とおそらく針で縫っているであろう感覚。

(痛さは無い)

 

「はい、終わり。明日は消毒に来て。

抜糸は10日後ね。あとは看護師から聞いて。」

とだけ残し、外来の診察へ向かう先生。

 

「明日は消毒へ来てください。抜糸までの間は濡らさないように、お風呂は控えてシャワーだけにしてくださいね。包帯の上から保護してシャワー浴びれますから。

あと、どんどん動かしてくださいね。固くなっちゃってるので。」

と包帯を巻きながら説明を受けました。

痛み止めを4錠(ロキソニン)もらい、

帰ってから今日だけはお酒を控えよう、と思う位の傷み具合で。

もっとギンギンな痛さを想像していた私は少し拍子抜けしました。

 

その後、10日で抜糸になりました。

私的には抜糸をした後のほうがつらかったような気がします。

抜糸直後

一~二か月後

 

たった今 だいぶきれいになりました

抜糸自体は痛くないんですが、無理をして動かして開いちゃわないか、

とか、まだ実際少し痛みがあるし、むしろ傷口を触るなんてこと到底できませんでした。

 

しかしまあ、

時の流れというのは全てを解決していってくれるようで。

今では傷口にも触れるし、

手術前より動かせるようになったし、

もっと早く手術しておけばと思う位です。

 

腱鞘炎はもちろん職業的に手を酷使する人もなりますが、

圧倒的に多いのは女性ホルモンの減少による筋膜の硬さが原因だそうです。

(更年期、出産後が多いそうです)

どのお医者様も言われるのが

「手を使わないように」

ですが、

手を使わないで生きている人間がいたら教えてほしい位です。

なので、私は少しでも痛くなくなるよう、

腱鞘炎防止のストレッチなんかも試してみたりしました。

 

でも結局症状は出ます。

 

まとめ

女性ホルモンの低下を早いうちから防いでいくのが効果的かなと思います。

でも、ホルモン療法やらホルモン剤やらに頼りたくないという方は

豆乳を毎日飲んでみるのもいいかも。

(私はやってないです)

 

腱鞘炎の事でお悩みの方がいらっしゃったらコメント下さい。

少しお力になれるかもしれません。